重力(万有引力)の謎に迫る
わたしが迫るわけではないのですがw
去年の記事ですがとても興味深いと思ったのでご紹介します。

宇宙の謎が全て解けました
「答えは星の引力は存在しない」でした。


つまり、引力とは言っても実は引っ張られていたのではなく、反対方向から押されてた(地上の物が宇宙側から飛んでくる素粒子によって地球に押し付けられていた)ということですね。
これは実際に観測されたのかな?
かなり信憑性があると思います。

ああ、この考え方だと物体の移動速度が光速を超えないということにも合点がいきますね。

もっと考えると、例えば他の物質の重力の影響を受けない物質が一定の速度で無重力空間を移動している時、進行方向からぶつかるの素粒子の影響が強くなり、逆に後方からの影響は弱くなる分、減速方向に運動エネルギーが生じていつかは停止してしまうように思えます。
物質の運動エネルギーが素粒子に移動する(宇宙に分散する)という点でエネルギー保存の法則に則っているとは思います。
わたしたち人間のように小さくてスカスカな物質であったり、その期間が数百年といった短い場合はほとんど無視できるレベルでしょうけど、文字通り天文学的な物質(天体)や数十億年といった永い期間で考えると無視できないと思います。
どんな天体でもそれの運動エネルギーの総和が大きくなっているなんて話は聞いたことがありませんし・・・、あらゆる物質は素粒子のブレーキで最終的に全て停止してしまうのではないでしょうか。

そしてもう一つ。素粒子の進行を完全に妨害するブラックホールについてです。
ブラックホールの質量は太陽の数十億倍とも言われていますが、そのサイズ(物質の直径)は自らの重力で極限まで縮んでいるため、ほぼゼロだと言われています。
ということはです、あらゆる方向から飛んでくる素粒子は、滅多なことではブラックホールには当たらないということです。
つまり、ブラックホールの周辺、それこそ何万分の数ミリメートルまで近づいても、そこにはブラックホールにぶつからなかった素粒子が飛び交っているわけで、ブラックホールの重力の影響はほぼ無いというわけです。
ここからはわたしの予想ですが、例えば手のひらでブラックホールを叩いてみたとします。すると恐らく、何の抵抗も無く手のひらはブラックホールをすり抜けるでしょう。ただし、手のひらにはブラックホールサイズの極小の穴が空くでしょう。しかしブラックホールのサイズはほぼゼロです、おそらくは痛みすら感じず、見た目もなんら変化は見られないはずです。
もしかしたら、影響が観られなくて気づかないだけで、今もわたしたちの周りには極大重力の極小ブラックホールが漂っているかもしれませんね。

上のリンク先の記事にもブラックホールについて書かれています。
# by daina_rukawa | 2016-10-20 16:33 | Comments(0)
大型自動二輪 5・6・7時間目
1号コースと2号コースを覚えてひたすら走って。
急制動やって。
特筆することはありませんねー。
NC750にも大分慣れてきました。

ただスラロームはまだ苦手です。
7秒以下で通過しようと頑張ると途端にリズムが狂います。
卒検までに上手くなるのはまず無理なので、パイロンを倒して失格にならないように減点覚悟でゆっくり確実に通過するようにします。

余談:
教習で新しいステップに進むたびに教官から「中型の時と同じ手順だからわかりますよね」って言われるのですが、15年も前のことはなかなか覚えていませんよ。

別件:
久々にツイッター覗いたら10日も前に重要なメッセージ来てて焦った。
久々にケータイの電源入れたら半月も前に重要なメール来てて膝が震えた。
逐一確認しないわたしが悪いのですが、わたしと連絡を取りたい方はどうかこのブログのコメ欄にお願いします。(記事と関係ない内容でも大丈夫です。非公開でも大丈夫です)
ブログだけはほぼ毎日確認しております。
# by daina_rukawa | 2016-10-18 05:30 | Comments(4)
大型自動二輪 第一段階みきわめ
合格しました。

スラロームでパイロン倒しました。

一本橋で脱輪しました。

でも合格しました。

なんだこれ!!
# by daina_rukawa | 2016-10-12 18:04 | Comments(2)
大型自動二輪 3・4時間目
慣れねぇ!!orz

RFの狭くて低くてタレてるハンドルに慣れてしまっているので、教習車の高くて水平なハンドルがまるで鬼ハンのような錯覚に陥ります。

しかもただでさえNC750に慣れてない上に明日はみきわめなのに、二時限目にAT(スカイウェイブ650)に乗せられて余計に感覚が混乱しました。今じゃなくてもいいでしょAT教習は。

まぁ、明日のみきわめ頑張ります。
そういえば、二輪教習は修了検定が無いようですね。みきわめに合格するとそのまま第二段階に移行するようです。

余談:
初回から今回まで4時間ずっと一緒に教習を受けてきたTさんとよく話をするようになりました。
明日のみきわめもTさんと一緒です。
もしかしたら卒業まで一緒なんじゃないか?
# by daina_rukawa | 2016-10-11 15:43 | Comments(2)
次の教習時間
次は13:00開始って覚えてて、今日教習所に12:30に行ったら配車でエラー吐かれたでござる。
おかしーなーと思って予約の控え見たら今日(7日)じゃなくて11日の13:00からだった\(^o^)/
四輪の時がほぼ毎日だったから勘違いしちゃった(*ノω・*)テヘ
# by daina_rukawa | 2016-10-07 13:18 | Comments(0)
大型自動二輪 2時間目
今日は一本橋と8の字とスラロームをやりました。

まず5分ほど慣らし走行(コース外周を走って感覚をつかむ)をやったのですが、なんだか昨日乗った時より乗りにくく感じました。
車種は同じNC750なのですが、もしかしたら個体差でもあるのでしょうか・・・。
コーナーリングで思ったラインに乗せるのにものすごく苦労しました。

その後、ひたすら一本橋・8の字・スラロームを繰り返しました。

一本橋はだいぶ慣れました。
30回近くやって4回くらい脱輪しましたが、渡りきれた時のタイムは平均で12秒台というところです。

8の字は全く上手くできませんでした。
ちょっと筆舌に尽くしがたい難しさです。
恐らくわたしが怖がって速度を抑えすぎて、バンク角を稼げていないのが原因だと思います。
明日は、ある程度速度を保ってしっかり倒しこんでみたいと思います。

スラロームは始めてにしてはまぁまぁの出来だったと思います。
スタート地点からゴール地点まで、7秒以下で走り抜ければ合格だそうで、わたしは平均7.3秒って所でした。
上手く走り抜けられたときは6.7秒とかだったかな。
教官は5秒くらいでしたね。とても真似できませんw

余談:
二輪の教習は、四輪の教習とは違って何というか良い意味で『体育会系』ですね。
四輪の時は概ね教官とマンツーマンで「そこ曲がって、あそこで停止して。はい出発して。」と、失敗しようが上手く出来ようが、生徒が運転して教官が審査するといった事務的で重~い教習だったのに対し、二輪では一人の教官が複数の教習生を担当して「◎◎さんちゃんと膝閉じてニーグリップして!半クラでリアブレーキ!▲▲さん切り返しが遅い!リズムがガタガタ!◎◎さんまた膝開いてるよ!!」と叱咤が飛び交います。
もちろん上手く出来たときには「いいぞその調子!今の良かったよ!その感覚覚えといて!」と督励してくれます。
わたしが一本橋で脱輪した時も「あ~!どうしたどうした!さっきは上手く出来てたじゃないか!」と言われ、わたしは「ウスッ!サーセン!力みすぎました!」と返すと、「力抜いてリラックスだ!」と励ましてくれます。
まるで部活動のようで楽しいです。
# by daina_rukawa | 2016-10-06 21:38 | Comments(0)
大型二輪初乗車
第一印象、難しいです。

わたしはバイクには慣れに慣れているから余裕だろうと思っていました。
しかし、わたしが慣れていたのはバイクではなくRF400でした。

教習車はHONDAのNC750。
教習車仕様で市販車よりもハンドルが高くなっています。
ハンドルが高くなっている分、取り回しやハンドリングが楽だろうなと思っていましたが、そんなことありませんでした。
ハンドルに少し力を入れるとRFよりも機敏に動いてしまうため、一本橋で2メートルも進めずに脱輪してしまいました。

普通自二輪からの限定解除ということで、第一段階5時間、第二段階7時間と短期で免許取得出来るのはいいのですが、逆に教習車に慣れるまでの時間が少ないのがツライです。

ちなみに一本橋は三回挑戦して、一回目が2メートルで脱輪、2回目3回目は9秒台で渡りきりました。
卒検での基準タイムは10秒以上だそうです。

今日は口頭での説明がメインで、実際の乗車時間は15分ほどでしたが、教習が終わって原簿を確認したら6個くらい判子が押してありましたw

明日も頑張ります。

余談:
二輪教習待合室の横に、100円返却式のコインロッカーがあり、教習の前にそこに荷物を預けておくのですが、今日教習が終わって荷物を取り出した後に、返却された100円を取るのを忘れてしまいましたw
# by daina_rukawa | 2016-10-05 19:32 | Comments(0)