これは良いバイクだ
HONDA VTR1000F FIRE STORM (ヨーロッパ仕様)
オレンジ!
c0078525_14334893.jpg

c0078525_14344096.jpg


永くお世話になったRFは下取りに出しました。
今までありがとう、楽しかったぜ。

さて、納車から家に帰るまで20kmほど走りました。
VTRはポジションがRFに似ているので割りと初期から乗りこなせました。
しかしやはり気になる点が多少でてきましたね。

まずクラッチレバーの位置がおかしい。
一枚目の写真を見てもらうとわかるのですが、レバーがハンドルより大分外側に位置していて、操作時に手をずらさないといけません。
前オーナーさんが社外品に換装したようですが、純正品に戻そうと思います。

次に電源ソケットが邪魔。
12Vの電源ソケットが速度計の左上のカウルステーに巻きつけてあるのですが、特に固定してあるわけではなくて、走行時の振動で速度計に被ってきます。
何らかの方法でしっかり固定しないといけません。

あと、VTR特有の仕様(?)で、購入前から他のVTRオーナーさんの話を聞いて知っていたのですが、ローとセカンドの間がロングすぎるという点です。
RFはローで発進後すぐに5km/hくらいでセカンドに入れて加速していったのですが、VTRでそれをやると回転が下がりすぎてガクガクします。
ローのままある程度(15km/hくらい?)まで引っ張ってからセカンドにシフトする必要があります。
こうやって言う分には問題なさそうなのですが、そこは1000ccです。ローでのアクセルワークはかなり気を使います。閉じ過ぎれば強烈なエンジンブレーキがかかりますし、開けすぎると吹っ飛びます。

それからもう一つこれもVTRの仕様(?)で、水温がすぐに上がるという点。
今日はかなりの冷え込みでしたが、信号待ちでラジエータファンが回りだして驚きました。
写真を見てもらうとわかりますが、VTRはサイドラジエータを採用しています。これがどうも冷却効果が高くないらしいです。
他のVTRオーナーさんによれば、VTRは股の間にエンジンがあるため夏はとにかく熱くて辛く、冬は暖かくて嬉しいらしいです。
たしかに今日乗っていて股間がポカポカしていました。夏が怖いです(;´∀`)

今のところ気になる点は以上です。

しかしやはり1000cc、めちゃくちゃパワーあります。
考えてみればRF(400cc)よりも大きい500ccのエンジンが2つもついてるわけですから、すごいに決まっています。
低速ではVツインのドコドコ感を楽しめますし、一度上まで回すとゾッとするような加速を味わえます。
翼つけたら飛べますね。
乗ってみて一番驚いたのは、エンジンのレスポンスがとても良いことです。
Vツインに乗ったことが無かったわたしは、ドルルン!って感じで回るのかと思っていたのですが、いざNでフかしてみると、ガウン!ガウン!とマルチエンジン顔負けの吹け上がりを見せてくれました。
あぁ^~タコメーターがぴょんぴょんするんじゃぁ^~

これから乗りやすいようにいろいろ弄っていきます。(゜∀゜)

最後に一つ。よく中型から初めて大型に乗った人の感想で「気がついたらものすごい速度が出ていた。」とか「かんたんに200km/h出る。」とかありますけど、そんなことは一切ありません
そりゃバイクの性能的にはあっという間に加速することはできますが、普通なら速度が出過ぎる前に乗っている人間が気づいて減速しますし、200km/hなんて恐ろしくて人間が頑張らないと出せません。
# by daina_rukawa | 2016-11-23 14:51 | バイク | Comments(6)
ブログに書くことが無かったので
普通自動車と大型自動二輪の免許も取り終えて書くことが無くなったので、話題作りのためにバイクを買いました。

明日納車です。

買った車種などは明日発表します。
# by daina_rukawa | 2016-11-22 16:47 | バイク | Comments(4)
ラジカセってかっこいいよね・・・
c0078525_173429.jpg

以前のごちうさとゆるゆりもそうでしたが、アニメはなぜかラジカセだけは実物を参考に作画する場合が多いような気がします。
実はわたしが気づいていないだけで、他の家電も実物を参考にしている場合もが多かったりするのでしょうか・・・。
# by daina_rukawa | 2016-11-09 17:04 | Comments(0)
大型自動二輪 卒業検定
合格しました。

いやー、緊張しましたね。
乗車前は喉がカラカラでした。

1号コースだったのですが、わたしは二番手で一番手の人が走ってる間ずっと頭のなかでコースを走っていました。
いざ、わたしの番になって発着点から出発した後のことは覚えてません。
気がついたら発着点に戻ってきていました。
あまりにもあっという間に終わったので、どこか走り忘れて帰ってきちゃったんじゃないかと思ったほどですw

合格発表で合格を告げられた時、担当官から「大きな失敗もなく、ほぼ完璧でした。」と言われました。
続けて「スラロームがちょっと遅かったかな」と言われました。予定通りですw
さらに「一本橋がちょっと早かったね」と言われました。予定通りですw

近々また試験場に行って免許もらってきます。

余談:
4日前に卒検を受けたTさんが「今日落ちたら4日後にちゃんせさんと一緒にもう一度卒検受けますw」
と冗談を言っていましたが、今日Tさんを見かけなかった所をみると、どうやらあの時合格されていたようですね。おめでとうございます!
今日、Tさんが居てくれたならもっと落ち着いて挑めていたのではないかと思います。
4日前のTさんの気持ちがちょっとわかりました。
# by daina_rukawa | 2016-10-26 14:00 | Comments(10)
大型自動二輪 第二段階みきわめ
みきわめ良好をいただきました。
次はいよいよ卒業検定です。
まぁ今日の調子で走ればまず間違いなく合格でしょうけれど、わたしって本番に弱いんです。
緊張で失敗しないようにがんばります。

今日は佳乃。さんと同じ時間の教習でした。
チラッと佳乃。さんが運転している所を見たのですが、初乗車のはずなのにかなり上手く運転してて驚きました。
わたしが中型で初乗車したときはあんなに上手くなかったと思います。

それから、何度も同じ時間に大型二輪教習を一緒に受けてきたTさんにも会いました。
わたしがみきわめを受けていた時、Tさんは卒業検定の真っ最中だったそうです。
検定を終えて、結果を待っていたTさんは、わたしを見つけて「ちゃんせさんに会えてよかった。」と言ってくれました。
Tさん「検定開始で1号コースを走れって言われて、『あれ?1号コースってどんなだっけ?』って頭真っ白になったんですけど、ちゃんせさんが走ってるの見つけて落ち着きを取り戻しました。」
それはもう緊張していたようです。
わたし見て安心するってのがよくわかりませんが、良かったですw
Tさんから木梨サイクルの交通安全御守をいただきました。ありがとうございます!
c0078525_15162446.jpg

Tさん合格してるといいなぁ。
# by daina_rukawa | 2016-10-22 15:18 | Comments(4)
プライベートを大事に
わたしがラインやツイッターなどのSNSが嫌いなのは何故なのか考えてみました。

ずばり、”部屋で独りきりのはずなのに、常に周りに誰か居るような感覚がして嫌”ですね。

ツイッターやラインなどのSNSは数分毎だったり音が鳴る度だったりと頻繁に確認して、誰かが何か言ったらすぐさまこちらも何か反応しなくちゃいけないって空気がありますよね。
例えば食事をしているときにラインとかツイッターで誰かが反応を求めてくる事があったなら、わたしは食事を中断してそれを読んで返事をしなくてはいけないような気がするのです。

c0078525_2364238.jpg


こんなことが一日に何度もあったらたまりません。わたしの偏見でしょうか。
実際、『反応がない人はフォローを解除します』とか『既読なのに返事がない』とかそういうわだかまりが原因でストレスがマッハになり、ラインやツイッターをやらなくなった人が身近に一人居ます。

ただ、誤解をしないで頂きたい。ここからが大事です。
わたしは別に人と一緒にいるのが嫌いというわけではないのです。
飲み会に呼ばれればすっとんで行きますし、旅行に誘われればそれは最重要予定になります。

それから、SNS嫌いと言ってもこのブログは結構大事にしています。ブログも広義ではSNSなんですけどね。
ブログは時間がゆっくりなので好きです。
わたしは基本的に一日一回程度しか記事を書きません。(ひどい時は数ヶ月放置していましたがw)
で、読む人は頻繁にこのブログを確認する必要はありません。いつ読んでもいいのです。もちろん読まなくてもいいのです。
反応するのが面倒ならコメントを書く必要もありませんし。ずっと昔の記事にコメントを書いても大丈夫です。
わたしは誰かの反応を求めてなるべく記事を面白くしようという努力をしなくてもいいですし、書きたいことを適当に書くだけなので気楽なもんですw
次の日に一回確認して、コメントがあれば返信して、コメントが無ければまた次の日に一回確認します。

c0078525_23335893.jpg


オチが思いつかないのでこのまま終わりにしますw
# by daina_rukawa | 2016-10-21 23:41 | Comments(4)
重力(万有引力)の謎に迫る
わたしが迫るわけではないのですがw
去年の記事ですがとても興味深いと思ったのでご紹介します。

宇宙の謎が全て解けました
「答えは星の引力は存在しない」でした。


つまり、引力とは言っても実は引っ張られていたのではなく、反対方向から押されてた(地上の物が宇宙側から飛んでくる素粒子によって地球に押し付けられていた)ということですね。
これは実際に観測されたのかな?
かなり信憑性があると思います。

ああ、この考え方だと物体の移動速度が光速を超えないということにも合点がいきますね。

もっと考えると、例えば他の物質の重力の影響を受けない物質が一定の速度で無重力空間を移動している時、進行方向からぶつかるの素粒子の影響が強くなり、逆に後方からの影響は弱くなる分、減速方向に運動エネルギーが生じていつかは停止してしまうように思えます。
物質の運動エネルギーが素粒子に移動する(宇宙に分散する)という点でエネルギー保存の法則に則っているとは思います。
わたしたち人間のように小さくてスカスカな物質であったり、その期間が数百年といった短い場合はほとんど無視できるレベルでしょうけど、文字通り天文学的な物質(天体)や数十億年といった永い期間で考えると無視できないと思います。
どんな天体でもそれの運動エネルギーの総和が大きくなっているなんて話は聞いたことがありませんし・・・、あらゆる物質は素粒子のブレーキで最終的に全て停止してしまうのではないでしょうか。

そしてもう一つ。素粒子の進行を完全に妨害するブラックホールについてです。
ブラックホールの質量は太陽の数十億倍とも言われていますが、そのサイズ(物質の直径)は自らの重力で極限まで縮んでいるため、ほぼゼロだと言われています。
ということはです、あらゆる方向から飛んでくる素粒子は、滅多なことではブラックホールには当たらないということです。
つまり、ブラックホールの周辺、それこそ何万分の数ミリメートルまで近づいても、そこにはブラックホールにぶつからなかった素粒子が飛び交っているわけで、ブラックホールの重力の影響はほぼ無いというわけです。
ここからはわたしの予想ですが、例えば手のひらでブラックホールを叩いてみたとします。すると恐らく、何の抵抗も無く手のひらはブラックホールをすり抜けるでしょう。ただし、手のひらにはブラックホールサイズの極小の穴が空くでしょう。しかしブラックホールのサイズはほぼゼロです、おそらくは痛みすら感じず、見た目もなんら変化は見られないはずです。
もしかしたら、影響が観られなくて気づかないだけで、今もわたしたちの周りには極大重力の極小ブラックホールが漂っているかもしれませんね。

上のリンク先の記事にもブラックホールについて書かれています。
# by daina_rukawa | 2016-10-20 16:33 | Comments(0)