鬼平犯科帳アニメ化
マジかよ・・・。
池波正太郎先生の原作は、恥ずかしながら読んだことがありませんが、コミック乱でコミカライズされたさいとうたかを先生の鬼平犯科帳を読破してきたわたしにとって、朗報中の朗報です。
アニメ「鬼平」公式サイト
しかも鬼平こと長谷川平蔵の声を務めるのが、アメリカのホームコメディドラマ”フルハウス”のジェシーおいたんで有名な堀内賢雄さん!
どうなるかまったく予想がつきませんw

Rewrite2期このすば2期をぶち抜いて来期アニメ期待度第一位です。

剣客商売や藤枝梅安もアニメ化してほしいな。
# by daina_rukawa | 2016-12-20 23:04 | Comments(0)
高速道路
30歳を超えて体力の衰えを実感し、バイクでの長時間・長距離運転に対して敬遠気味でしたが、この記事を書いている今は長距離ツーリングも良いかもしれないと思っています。
というのも今日、VTRに対するわたし自身の慣らしも兼ねて、運転による疲労測定のために一般道を5時間かけて105km走ってみたのです。
その結果、疲れはしましたが、それほど辛いとは感じませんでした。
長距離ツーリングの目的地として、わたしの場合、茨城の大洗や群馬の高崎が挙げられます。
それぞれよく調べてみると高速道路を利用した場合の片道の所要時間は渋滞無しで約2時間でした。
低速コーナーやストップアンドゴーが多い下道を5時間走った今日の疲労度に比べれば、高速道路を2時間走るくらいはどうってこと無いだろうと思った次第です。

大洗へは首都高の横浜西口ランプ(家から10分)から北関東自動車道(東水戸道路)の水戸大洗ICまでずっと高速道路で行けるんですよね。
混雑していなければ2時間かからないようです。

高崎もちょっとややこしいけど、首都高都心環状線から外環に乗って関越まで乗ればずっと上を走りながら行けます。
また、第三京浜の保土ヶ谷IC(家から5分)から玉川まで行き、そこから下道の環状八号を北上して大泉ICから関越に乗る方法もあります。
外環を大泉から玉川まで延伸してくれればもっと行きやすくなるのですがねw

そういえば記事に書いてませんでしたが、わたしのVTR1000FはETC搭載してます。


余談:VTRの燃費
105km走って9.6リットル消費でした。
リッター11km・・・燃費わっる!!www
まぁ街乗りで10km超えてれば良い方なのか?
# by daina_rukawa | 2016-12-06 11:36 | Comments(4)
二輪免許制度
タイトルを見て、わたしが言いたいことに察しがつく方も居られるかと思います。

普通自動二輪免許と大型自動二輪免許を分ける必要は無い

以前にも少し触れましたが、普通自動二輪車と大型自動二輪車の明確な違いは、エンジンの排気量が小さいか大きいかだけです。
わたしは普通自動二輪と大型自動二輪の両方の教習を受けましたが、その教習内容は、
普通二輪教習は中型バイクに乗ってコースを走るだけ。
大型二輪教習は大型バイクに乗ってコースを走るだけ。
で、排気量やエンジンの出力の大小を鑑みた内容ではありませんでした。この2つを分ける意味が全くわかりません。

わたしはVTR1000Fを買って、運転して、大型二輪教習が役に立ったと思うことは何一つありませんでした。なぜなら、教習中に普通自動二輪のパワーを凌ぐ大型二輪のパワーを使うことがなかったからです。
大型二輪の運転は、中型自動二輪免許のままでもまったく問題ないと思いました。

なぜ普通自動二輪は16歳で取得できるのに大型自動二輪は18歳からなのか。
なぜ普通自動二輪は排気量400ccまでで大型自動二輪は排気量無制限なのか。
出力に関しても2007年までは普通二輪が52馬力制限、大型二輪が100馬力制限だったのも首を傾げざるを得ません。(今は無制限になっているようですが・・・)

まったくもって理解できません。
もしかして、この方が国が儲かるような制度なのでしょうかね?

わかりやすく乱暴な言い方をしますと、頭の悪い奴は大型教習を受けたって危険運転で事故を起こしたりしますし、頭の良い奴は中型教習を受けただけでも大型二輪をちゃんと安全運転できるということです。
補足しますが、危険運転=法律違反とは思っていません。
安全運転=法律厳守とも思っていません。
# by daina_rukawa | 2016-11-26 01:26 | Comments(8)
VTR1000Fのクラッチレバーについて
前々回の記事でレバーの位置が外側すぎるから純正に戻したいと書きました。
しかし、VTRのことをほとんど知らないわたしには払拭しきれない懸念がありました。

純正レバーに戻せば正しい位置になるのか?レバーが外側すぎるのは本当に社外レバーが原因なのか?
もしかしてマスターシリンダーも実は社外品で、位置がおかしいのはレバーではなくマスターシリンダーが原因なのでは?
はたまた実はハンドルバーが社外品で純正ハンドルより短いものなのでは?
等です。
そういった諸々の確認をせずに純正レバーを発注して取り付けた後で、原因はレバーではありませんでした(泣)なんてことにはなりたくないのでちょっと調べてみました。

結論から申し上げますと。やっぱりレバーが原因でした。

他のVTRオーナーさんのブログで、純正のレバーからわたしのVTRについている社外品と同じものに換装された比較写真を見つけました。
無断転載ですがどうか平にご容赦を。(転載元URLとか書いたほうがいいのかな?)

↓他オーナーさん純正時
c0078525_3561988.jpg

↓他オーナーさん社外品時
c0078525_356398.jpg

↓わたしの
c0078525_3565132.jpg


社外品の方はどう見ても構造的にというか規格的にというか、合っていませんよね。
ぱっと見はカッコイイですけど、よく見たら絶対使いにくいだろコレという感じです。
それに比べて純正品の方はとても握りやすそうです。

純正レバーに戻す決意をしました。
# by daina_rukawa | 2016-11-25 04:01 | バイク | Comments(0)
VTR1000Fに乗るのは初めてじゃない?
今日(もう昨日ですが)初めてVTRに乗って、最初からほぼ違和感なく運転できたのは・・・、今思い出したのですが、ずっと昔に乗っていたHONDAのGB250クラブマンにフィーリングが似ているからかもしれません。

クラブマンも、ある程度速度を乗せてやれば低回転でトルクを活かしてドコドコ走れて、それでいてギアを落としてアクセルをひねれば高回転でパワーが溢れてくる。よく思い出してみるとやっぱり似てます。

あのクラブマンはアルミタンクにセパハン、そしてキャプトンマフラーというコテコテのカフェレーサー仕様でした。
あれはあれですごくカッコ良かった。懐かしいです。14年くらい前だったかな、乗ってたの。
# by daina_rukawa | 2016-11-24 02:13 | Comments(0)
これは良いバイクだ
HONDA VTR1000F FIRE STORM (ヨーロッパ仕様)
オレンジ!
c0078525_14334893.jpg

c0078525_14344096.jpg


永くお世話になったRFは下取りに出しました。
今までありがとう、楽しかったぜ。

さて、納車から家に帰るまで20kmほど走りました。
VTRはポジションがRFに似ているので割りと初期から乗りこなせました。
しかしやはり気になる点が多少でてきましたね。

まずクラッチレバーの位置がおかしい。
一枚目の写真を見てもらうとわかるのですが、レバーがハンドルより大分外側に位置していて、操作時に手をずらさないといけません。
前オーナーさんが社外品に換装したようですが、純正品に戻そうと思います。

次に電源ソケットが邪魔。
12Vの電源ソケットが速度計の左上のカウルステーに巻きつけてあるのですが、特に固定してあるわけではなくて、走行時の振動で速度計に被ってきます。
何らかの方法でしっかり固定しないといけません。

あと、VTR特有の仕様(?)で、購入前から他のVTRオーナーさんの話を聞いて知っていたのですが、ローとセカンドの間がロングすぎるという点です。
RFはローで発進後すぐに5km/hくらいでセカンドに入れて加速していったのですが、VTRでそれをやると回転が下がりすぎてガクガクします。
ローのままある程度(15km/hくらい?)まで引っ張ってからセカンドにシフトする必要があります。
こうやって言う分には問題なさそうなのですが、そこは1000ccです。ローでのアクセルワークはかなり気を使います。閉じ過ぎれば強烈なエンジンブレーキがかかりますし、開けすぎると吹っ飛びます。

それからもう一つこれもVTRの仕様(?)で、水温がすぐに上がるという点。
今日はかなりの冷え込みでしたが、信号待ちでラジエータファンが回りだして驚きました。
写真を見てもらうとわかりますが、VTRはサイドラジエータを採用しています。これがどうも冷却効果が高くないらしいです。
他のVTRオーナーさんによれば、VTRは股の間にエンジンがあるため夏はとにかく熱くて辛く、冬は暖かくて嬉しいらしいです。
たしかに今日乗っていて股間がポカポカしていました。夏が怖いです(;´∀`)

今のところ気になる点は以上です。

しかしやはり1000cc、めちゃくちゃパワーあります。
考えてみればRF(400cc)よりも大きい500ccのエンジンが2つもついてるわけですから、すごいに決まっています。
低速ではVツインのドコドコ感を楽しめますし、一度上まで回すとゾッとするような加速を味わえます。
翼つけたら飛べますね。
乗ってみて一番驚いたのは、エンジンのレスポンスがとても良いことです。
Vツインに乗ったことが無かったわたしは、ドルルン!って感じで回るのかと思っていたのですが、いざNでフかしてみると、ガウン!ガウン!とマルチエンジン顔負けの吹け上がりを見せてくれました。
あぁ^~タコメーターがぴょんぴょんするんじゃぁ^~

これから乗りやすいようにいろいろ弄っていきます。(゜∀゜)

最後に一つ。よく中型から初めて大型に乗った人の感想で「気がついたらものすごい速度が出ていた。」とか「かんたんに200km/h出る。」とかありますけど、そんなことは一切ありません
そりゃバイクの性能的にはあっという間に加速することはできますが、普通なら速度が出過ぎる前に乗っている人間が気づいて減速しますし、200km/hなんて恐ろしくて人間が頑張らないと出せません。
# by daina_rukawa | 2016-11-23 14:51 | バイク | Comments(6)
ブログに書くことが無かったので
普通自動車と大型自動二輪の免許も取り終えて書くことが無くなったので、話題作りのためにバイクを買いました。

明日納車です。

買った車種などは明日発表します。
# by daina_rukawa | 2016-11-22 16:47 | バイク | Comments(4)