”重力”=”物質が素粒子のエネルギーを受け取った際の運動”と考えた場合のブラックホールの考察

2016年10月20日の重力(万有引力)の謎に迫るという記事で、わたしは

ブラックホールの質量は太陽の数十億倍とも言われていますが、そのサイズ(物質の直径)は自らの重力で極限まで縮んでいるため、ほぼゼロだと言われています。
ということはです、あらゆる方向から飛んでくる素粒子は、滅多なことではブラックホールには当たらないということです。
つまり、ブラックホールの周辺、それこそ何万分の数ミリメートルまで近づいても、そこにはブラックホールにぶつからなかった素粒子が飛び交っているわけで、ブラックホールの重力の影響はほぼ無いというわけです。


と書きましたが、この時のわたしの考えは、やはり間違っているのではないかと思いました。
と言うのも、上記の文章では素粒子の持つエネルギーの大きさや、その密性をまったく考慮してなかったからです。

わたしは別に学者ではないので、「もし(if)」を多用しますが、
もし、素粒子が物質に与えるエネルギーが想像を絶するほど大きく、常に物質に干渉していると仮定するとどうなるでしょう。

例えば、ある空間に物質αがあったとします。周りには物質αに何らかの影響を与える他の物質は何もありません。
この物質αには常に大量の素粒子が強大なエネルギーであらゆる方向から衝突してきています。
物質αに、ある一方向から素粒子が衝突すると、それと同時かあるいは人間が知覚できないような短い時間が経った時に正反対の方向から素粒子が衝突し、その繰り返しで物質αは一定の場所に一定のエネルギーを保持しながら留まる(もしくは等速運動を続ける)わけです(正確に言うとエネルギーも位置も一定ではありませんが・・・)。

そう考えた場合、もし物質αの近くにブラックホール(素粒子のエネルギーを完全に受け止める物質)があったなら、どうなるでしょうか?

そうです、ブラックホールの方向からは素粒子が飛んでこなくなります。
つまり、ブラックホールの反対方向からのエネルギーを受け取った物質αはブラックホールの方向へ吹っ飛ぶわけです。

わたしは、素粒子のエネルギーの強さを知りませんけれども、大質量の物質を押しつぶしたり、光すら捻じ曲げたりするほどの強さなのでしょう。
そんな力を一定方向から受けたならそりゃサイズほぼゼロの一点に押し付けられますわな。
# by daina_rukawa | 2017-01-31 18:55 | Comments(0)
社会復帰
会社から採用の連絡がありました。
2月から社畜に戻ります。
# by daina_rukawa | 2017-01-21 07:50 | Comments(6)
採用面接
本当に緊張しました。
最初の方はうまく喋れないほどに・・・。

失敗した所が2つありまして、もしかしたらソレが原因でお祈り郵便が届くかもしれません;;

まずはじめに、面接担当の方からの質問で「当社では○○ですが、その辺りは大丈夫ですか?」と尋ねられ、「はい、大丈夫です」と答えてしまいました。
本来なら「問題ございません」と答えるのが適当なんですけどね、「大丈夫ですか?」って言われちゃうとついつい・・・ね。

そして次に、面接が終わって起立した後にわたしは「本日はありがとうございました。」と言ったのですが、今思えば「お忙しい中」が抜けてましたね。

正直手応えはわかりません。面接担当の方がものすごいポーカーフェイスでわたしに対する印象は一切表情に出ませんでした。

結果は1週間から10日後だそうです。
今月は兄の仕事の手伝いがちょこちょこあるので、採用されれば2月1日から仕事です。
受かってるといいなぁ。
# by daina_rukawa | 2017-01-12 17:27 | Comments(4)
就職活動
去年8月から5ヶ月ものんびりして、いい加減貯金もなくなってきたしそろそろ働かなくちゃいけないと考え、ある会社の求人に応募しました。
まだどうなるかわからないので会社名とかは伏せますが、けっこう大きい会社です。

明後日面接なんですけど、いやぁ、めっちゃ緊張しますね。正直受かる自信ないです。
面接なんて9年ぶりかな?
しかもその9年前の面接は友人の父親が経営する店舗に引き抜きされる形という、言ってしまえば100%合格する面接でしたからね。
そう考えると、ちゃんとした面接は職業技術訓練校の入学面接が最後です。約13年前ですね。
あの時はそんなに緊張してなかったなぁ。けっこう倍率高かったですが、なぜか絶対合格するという根拠の無い自信がありました。

今必死に答弁考えてます。
少しは勉強しようと思って色々な企業の面接の質疑応答を調べているのですが、どれをとっても頭の良い答弁しか乗ってないんですよね。
「御社の株式があーだ」「東証一部上場がどーだ」「マネージメントで数字が120%だ」「前職ではものすごい企画で利益を◎◎%上げた」だの。
みんなこんな答弁してんの?って感じです。
ああ、胃に穴が空きそう。
落ちたら報告しますね^^;

あ、そういえばわたし、円形脱毛症になりました。所謂”十円ハゲ”です。
# by daina_rukawa | 2017-01-10 19:14 | Comments(2)
もう今年も4日経ちました
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
# by daina_rukawa | 2017-01-04 18:15 | Comments(4)
鬼平犯科帳アニメ化
マジかよ・・・。
池波正太郎先生の原作は、恥ずかしながら読んだことがありませんが、コミック乱でコミカライズされたさいとうたかを先生の鬼平犯科帳を読破してきたわたしにとって、朗報中の朗報です。
アニメ「鬼平」公式サイト
しかも鬼平こと長谷川平蔵の声を務めるのが、アメリカのホームコメディドラマ”フルハウス”のジェシーおいたんで有名な堀内賢雄さん!
どうなるかまったく予想がつきませんw

Rewrite2期このすば2期をぶち抜いて来期アニメ期待度第一位です。

剣客商売や藤枝梅安もアニメ化してほしいな。
# by daina_rukawa | 2016-12-20 23:04 | Comments(0)
高速道路
30歳を超えて体力の衰えを実感し、バイクでの長時間・長距離運転に対して敬遠気味でしたが、この記事を書いている今は長距離ツーリングも良いかもしれないと思っています。
というのも今日、VTRに対するわたし自身の慣らしも兼ねて、運転による疲労測定のために一般道を5時間かけて105km走ってみたのです。
その結果、疲れはしましたが、それほど辛いとは感じませんでした。
長距離ツーリングの目的地として、わたしの場合、茨城の大洗や群馬の高崎が挙げられます。
それぞれよく調べてみると高速道路を利用した場合の片道の所要時間は渋滞無しで約2時間でした。
低速コーナーやストップアンドゴーが多い下道を5時間走った今日の疲労度に比べれば、高速道路を2時間走るくらいはどうってこと無いだろうと思った次第です。

大洗へは首都高の横浜西口ランプ(家から10分)から北関東自動車道(東水戸道路)の水戸大洗ICまでずっと高速道路で行けるんですよね。
混雑していなければ2時間かからないようです。

高崎もちょっとややこしいけど、首都高都心環状線から外環に乗って関越まで乗ればずっと上を走りながら行けます。
また、第三京浜の保土ヶ谷IC(家から5分)から玉川まで行き、そこから下道の環状八号を北上して大泉ICから関越に乗る方法もあります。
外環を大泉から玉川まで延伸してくれればもっと行きやすくなるのですがねw

そういえば記事に書いてませんでしたが、わたしのVTR1000FはETC搭載してます。


余談:VTRの燃費
105km走って9.6リットル消費でした。
リッター11km・・・燃費わっる!!www
まぁ街乗りで10km超えてれば良い方なのか?
# by daina_rukawa | 2016-12-06 11:36 | Comments(4)